■弁護士(66期)の方より頂いたコメント(判事補→四大法律事務所)

■弁護士(新61期)の方より頂いたコメント(準大手法律事務所→四大法律事務所)

■東証一部上場電子部品メーカー商品開発部門からグローバル展開している研究開発型メーカー開発部部長職へ転職された方から頂いたコメント

■アセットマネジメント事業会社のコンプライアンス部シニア・マネージャーから大手法律事務所の管理部門マネージャーへ転職された方から頂いたコメント

■外資系戦略コンサルティングファームからグローバル展開している研究開発型メーカー企画推進室長(社長直下の部署)に転じられた方から頂いたコメント

■外資系企業CFOからグローバル展開している研究開発型メーカー執行役員へ転職された方から頂いたコメント

■大手総合商社法務部法務室長からグローバル展開している研究開発型メーカー常務執行役員法務本部長へ転職された方から頂いたコメント

■外資系医療関連企業コンプライアンス部門から外資系大手スポーツメーカー法務チームへ転職された方から頂いたコメント

■外資系企業CFOからグローバル展開している研究開発型メーカーへ転職された方から頂いたコメント

■東証1部上場企業子会社から東証1部上場製造小売業法務部へ転職された方から頂いたコメント

■大手クレジットカード事業会社から電子決済サービス関連会社へ転職された方より頂いたコメント

■弁護士(68期)の方より頂いたコメント(ブティック系法律事務所→大手法律事務所)

■弁護士(69期)の方より頂いたコメント (中堅法律事務所→四大法律事務所)

■弁護士(65期)の方より頂いたコメント (中堅法律事務所→四大法律事務所)

■在中米国連ボランティア、日本大使館勤務から日系コンサルティング会社へ転職された方より頂いたコメント

■メガバンクから日系ファンドディレクターに転身された方より頂いたコメント

■外資系事業会社から上場企業法務部へ移られた方から頂いたコメント

■外資系ファンドのヴァイスプレジデントから独立系国内ファンドのヴァイスプレジデントへ転職された方より頂いたコメント

■弁護士(58期)の方より頂いたコメント(事業会社→四大法律事務所)

■日系金融機関副社長、関連会社社長からの老舗企業の経営陣に加わられた方より頂いたコメント

■上記の老舗企業の経営陣に加わられた方の入社後に総務部長採用のお手伝いをすることになり、採用に至った方より頂いたコメント

■上記の老舗企業の経営陣に加わられた方の入社後に経理部長採用のお手伝いをすることになり、採用に至った方より頂いたコメント

■日系金融機関から大手渉外法律事務所へ転職された方より頂いたコメント

■外資系戦略コンサルティングファームからアジアに本社を置く外資系事業会社の社長室に転職された方より頂いたコメント

■日系事業会社の事業部長からアジアに本社を置く外資系事業会社の社長室長に転職された方より頂いたコメント

■弁護士(56期)の方より頂いたコメント(大手法律事務所→外資系事業会社 法務部)

■弁護士(57期)の方より頂いたコメント (外資系法律事務所→四大法律事務所)

■弁護士(59期)の方より頂いたコメント (大手法律事務所→外資系法律事務所)

■弁護士(新61期)の方より頂いたコメント (四大法律事務所→東証1部事業会社 法務部)

■弁護士(新61期)の方より頂いたコメント (四大法律事務所→東証1部事業会社 法務部)

■弁護士(57期)の方より頂いたコメント (大手法律事務所→金融機関 法務部)

■弁護士(55期)の方より頂いたコメント (中堅法律事務所→四大法律事務所)

■弁護士(54期)の方より頂いたコメント (中堅法律事務所→中堅法律事務所パートナー)

■弁護士(60期)の方より頂いたコメント (中堅法律事務所→四大法律事務所)

■企業投資ファンドのディレクターの方から頂いたコメント



弁護士(66期)の方より頂いたコメント(判事補→四大法律事務所)

佐藤さんには、登録していた転職サイトでメッセージをいただいたことをきっかけとして、お手伝いいただきました。

私は東京在住ではありませんが、佐藤さんは直接の面談をご提案され、快くお越しくださいました。
佐藤さんの明るいお人柄もありますが、直接お会いしたことで、キャリアについて率直に相談することができたように思います。
その後、速やかに法律事務所に応募していただき、選考がスムーズに進行してオファーをいただくことができました。佐藤さんが応募先と綿密にコンタクトを取って種々の調整をしてくださった上、面接に複数回同席してフォローしてくださったことが、早期のオファーに繋がりました。
複数の法律事務所からオファーが出たので、行き先に悩みましたが、その間も、佐藤さんは親身にご対応くださいました。内定先に確認して懸念事項の解消に努めていただいたほか、法律事務所の事業状況も踏まえ、長期的なキャリアを見据えたアドバイスもいただけたことにより、ベストと思える決断をすることができました。

佐藤さんは、クライアントとの緊密なコネクションを活かした情報収集力、仕事の迅速性、転職応募者のケアにおいて、非常に優れていらっしゃると感じました。他のエージェントも利用しましたが、いずれの点においても佐藤さんに劣り、あまり信頼できませんでした。

佐藤さんとの出会いによって、当初は想像していなかったキャリアを切り開くことができました。
お力添えをいただき、誠にありがとうございました。



弁護士(新61期)の方より頂いたコメント(準大手法律事務所→四大法律事務所)

これで三度目の移籍であり、三度エージェントを利用する機会がありました。
その中でも佐藤様は、非常に優れた提案力とコミュニケーション力を有されており、今回の転籍を支えてくださいました。

私は、大学の先輩に紹介されて佐藤様にいろいろと相談に乗っていただいたのですが、転職を考えない時期であっても親身にお話を聞いてくださいました。
実際の転職時には、客観的なアドバイス、必要であれば面接に立ち会って先方の事務所とのディスコミュニケーションにならないような配慮をいただきました。

エージェントの中には、単に情報を紹介して、あとは一切何もしないという方もいらっしゃいます。
しかし佐藤様は紹介するだけでなく分析・提案をしたうえで、心理面も含めた優れたサービスをしてくださいました。
エージェントとして十分に納得・感謝される能力と人柄をもってらっしゃいます。

お陰で唯一希望した事務所に納得のできる条件でスムーズに移籍することができました。
いい意味で、再度お世話にならないよう業務に励みたいと思います。

本当にありがとうございました。



東証一部上場電子部品メーカー商品開発部門からグローバル展開している研究開発型メーカー開発部部長職へ転職された方から頂いたコメント

前職は一部上場企業の商品開発でしたが、やりがいや成長に限界を感じ、自由度が高く、より効率的な開発環境を求めて転職を考え始めました。

しかし、他の人材紹介会社から紹介された大手求人は、どちらの会社も同じような条件や環境で、実際に転職活動を本格化するほどの動機は得られませんでした。

また、転職する意思も固まっていないのに「まず受けてみては?」とやたら勧めてくる紹介会社の姿勢にも不信感を抱いていました。
求人を消耗品のように扱い、クライアントとの信頼関係も希薄であると共に、他人の人生を変える重責も担っていないと感じたからです。

そんな折に出会ったのが佐藤様でした。

面会時、企業説明をして頂いたのですが、まるで佐藤様がそこで働かれているかのように生き生きと、事業内容を細かに説明して下さりました。
これは企業様との強く深い信頼関係を持っていないと出来ないことだと思います。
また私の話も非常に興味深く聞いて下さり、私のルーツまで遡って新たな気づきも引き出して下さいました。この時、転職は手段であり、目的ではないことを十分理解されている方だと感じ、佐藤様を信頼して転職しようと決めました。

結果、採用が決まり実務はこれからですが、やりがいや成長の場として申し分ない企業へ入社できたと思っています。
数多くの転職サイト登録者の中から私を見つけて下さったことに感謝しております。
今後ともご指南頂けたらと思いますので、よろしくお願いいたします。



アセットマネジメント事業会社のコンプライアンス部シニア・マネージャーから大手法律事務所の管理部門マネージャーへ転職された方から頂いたコメント

私は今回、事情により前職の退職を先に決めてから転職活動をしておりました。そのような特殊な状況下で、佐藤さんよりご紹介をいただき、スムーズに転職ができました。
佐藤さんのサポートは、今まで複数回経験した転職活動とは全く違う、大変素晴らしいものでした。

まず、面接には都合がつく限り同席していただきました。おかげで、面接では安心して思いっきり自分の力を発揮することができました。同席していただく最大のメリットは、初対面同士で起きがちなコミュニケーションミスを防げるということだと思います。特に候補者にとっては1回1回の転職活動は人生がかかっていることでもあり、面接者の意図がうまくつかめないだけでチャンスを失うようなことは避けたく、面接前後を通じた佐藤さんのきめ細やかなご対応には救われました。

また、佐藤さんからはいかなるときも(面接先のフィードバックの有無にかかわらず)、適切なタイミングで何等かのご連絡をいただきました。過去の転職活動では、面接後何のフィードバックもなく放置されることや、こちらからフォローをしないと状況が分からない、ということが常でしたが、佐藤さんはそのようなことは一切なく、初回の面接からオファーをいただくまで一度も不安になることなくすごせました。不安定かつストレスフルな状況に置かれがちな候補者としては、このような丁寧なご対応は素直にありがたかったです。

私は佐藤さんとは10年ほど前から知り合っていたのですが、佐藤さんから転職先をご紹介いただくのは今回が初めてでした。ただ、その間にも、私が何度か転職を考えた際に快くご相談に乗っていただいておりました。後日、今回の転職先が「なぜ私が適していると思ったか」お聞きしたところ、過去相談に乗ってくださった際に佐藤さんにお話した内容で、私が大事にしていた点を覚えており、そこにフィットするのではないかと思われたとのことでした。私のキャリア形成の点から考えていてくださったとわかり大変感激したとともに、だから私にとって納得度の高い案件をご紹介いただけたのだと思いました。

佐藤さんには新しい職場に移った後も困った時にサポートをしていただいております。
このようなとても息の長いお付き合いのできる佐藤さんのような存在は、長いキャリア人生においては大変貴重です。これからも、この良いご縁を続けていきたいと思っております。



外資系戦略コンサルティングファームからグローバル展開している研究開発型メーカー企画推進室長(社長直下の部署)に転じられた方から頂いたコメント

ヘッドハンターの価値は「自分で見つけることのできない、面白い・自分に合った職を紹介いただくこと」と考えておりますが、佐藤様はそれをかなえてくださる方だと感じました。

今回の転職に際し、ヘッドハンターの方から多くのメールを頂きましたが、佐藤様からは他の方々とは全く違った会社をご紹介頂きました。
僕のバックグラウンドや求めているものと見事にマッチ、更に全く自分では探すことのできない企業で、結果として良縁につながりました。
大変感謝しております。



外資系企業CFOからグローバル展開している研究開発型メーカー執行役員へ転職された方から頂いたコメント

佐藤様とは登録していた転職支援サイトを通じて知り合いました。

紹介頂いた企業様は当方の希望条件にピッタリで、かつ、その募集企業様のことも詳しくご存知でしたので、とてもスムーズに話が進みました。

私自身、何度か転職しており、転職支援企業(あるいはコンサルタント)も何社も知っておりますが、その中には当方の募集条件と合わない企業を紹介してきたり、また、人材登録だけを目的にコンタクトしてきたのではないかと思われるケースも多いのですが、佐藤様の場合はそのようなことはなく、実際に転職が決まるかどうかは別として、お話を聞いて無駄になることは無いと思います。

また、佐藤様ご自身も優秀なビジネスウーマンであり、各種連絡事項のレスポンスも早く内容も的確です。
将来私がスタッフを必要とするときには、また佐藤様に声をかけさせて頂こうと思っています。



大手総合商社法務部法務室長からグローバル展開している研究開発型メーカー常務執行役員法務本部長へ転職された方から頂いたコメント

佐藤さんは、とにかく一生懸命な方です。多忙な業務により業務時間中の面談が困難であっても、会社最寄りのホテルラウンジに早朝や遅い時間であっても、嫌な顔一つせず来て下さり、面接のアレンジ等、全力で支援してく下さりました。

面接の際は、極力一緒に面談先まで同席してくださることを基本としているとの事で、面接が長引き帰りの新幹線がなくなった際には、ホテルの確保や、どうしても翌朝所用にて帰宅したいとお願いした際にも、高速夜行バスでの帰宅までアレンジ下さりました。

面接先企業のことも熟知されており、佐藤さんの事前の情報提供のお陰で、面接も極めてスムーズに進み、初日で社長の最終面接まで一気に進みました。面接先とも事前にうまく調整下さっていたものと思われます。転職活動を特にしていなかったことから、内定後も転職を迷っていた中、過去20年のキャリアコンサルタントとしての経験から、今回の転職が如何にメリットが多いかをプロの視点から客観的かつ説得的に説明下さりました。
佐藤さんでなければ、おそらく転職を決意していなかったと思われ、佐藤さんに感謝の日々です。
素晴らしい転職先を紹介下さり、有難うございました。



外資系医療関連企業コンプライアンス部門から外資系大手スポーツメーカー法務チームへ転職された方から頂いたコメント

佐藤さんとの出会いは、絶妙なタイミングでした。
今回の転職が決まるまで私は、米系ヘルスケアカンパニーで4年弱、コンプライアンスの担当をしておりました。
良くも悪くも変化が大きい会社におりましたが、最近、共に苦労した複数の同僚がもっとキャリアアップをしたいと言葉を残して、一人、また一人と会社を去る背中に手を振る日々を過ごしている中で、今後のキャリアについて考えるようになりました。そして私のセールスポイントである「マルチスキル」が活かせる職場は他にないかと考えるようになったのもこの時期でした。

そんな矢先に、佐藤さんからご連絡並びに具体的な求人案内をご提示いただきました。

①本当に絶妙なタイミングにびっくり。
転職するならば2019年度中と考えて、そろそろ複数の転職サイトに登録しなくてはいけないと思っていた時期でした。

②ご案内いただいた求人内容と職場について、またまたびっくり。
今までの経験とスキルがすべて活かせ、即戦力として入っていけそうな環境のように見え、ぜひ応募したいと即決するほどでした。(佐藤さんの細やかな説明に感動)

佐藤さんの人を見る洞察力には本当にびっくりしました。
私という人物を、佐藤さんと初めてお会いした際の短い面談の中で、私のパーソナリティ等々をすべてお見通しのようでした。それ故かその後のプロセスでは常に的確なアドバイスをしてくださり、転職活動で陥りやすいミスをせず、書類選考、1次面接、2次面接とトントン拍子に進みました。1次、2次面接では佐藤さんに同行くださいましたので、変な緊張はなく、安心して堂々と面接に臨むことができました。
時々、佐藤さんのウィットの富んだ会話を挟んだことで、場の雰囲気は更に和み、非常にいい雰囲気の中面接は終始しました。

2次面接後からオファーレターを受けとるまで、約1ヶ月程待つことになりましたが、佐藤さんが転職先とコンタクトを絶やさずしっかりフォローアップしていただいたおかげで、普通であれば不安になるところですが、この期間さほど不安になることもなく毅然とした態度で待つことができ、ようやく頂いたオファーレターの内容が、私の希望した条件で100%叶ったものであったことには本当にびっくりしました。
改めて佐藤さんには感謝申し上げます。

入社準備も整い、数日後の入社を迎える今、今回の転職の機会をくださった佐藤さんとの最初の出会いを振り返りながら、この出会いとすばらしいご縁に感謝をしつつ、今後も引き続きお付き合いいただけますと大変嬉しく存じます。
ありがとうございました。



外資系企業CFOからグローバル展開している研究開発メーカーへ転職された方から頂いたコメント

佐藤様とは登録していた転職サイトを通じてご連絡頂きました。

今回先方が求められている人材像及び赴任候補勤務地など小生の希望に合致していた事から佐藤様と面会に至りました。
小生のピンポイントの早朝スケジュールにも合わせて頂き、現状と経歴について親身に聴いて頂き小生の思いに理解して頂いていたと思います。
また佐藤様は人当たりも柔らかで且つ安心感がありました。
その後早速先方にご紹介頂き双方超多忙スケジュールの中、早速面接スケジュールを設定していただきました。話は想像以上に迅速にまとまり結果的に佐藤様に出会ってから三週間で内定頂くことが出来ました。

全てのタイミングがこの日しか無いと言う状況の中、先方及び佐藤様がスピードを大切に対応された事が良縁に繋がったと感じています。
感謝申し上げます。
この度はお世話になり本当にありがとうございました。



東証1部企業上場子会社から東証1部上場製造小売業法務部へ転職された方から頂いたコメント

会社の大きな方向転換により自分のやりたいことが実現できなくなり、転職活動を始めました。
いくつのも大手の転職エージェントに登録し、それぞれのエージェントの方と面談をしました。

自分の希望の「条件」をリストアップし、各社からいただいた大量の求人票をチェックし、条件をすべてクリアする案件をみつけだそうとしていました。
しかし、業種、勤務場所、就業時間、年収等の自分が望む条件がすべてみたされているにもかかわらず、「ここで働きたい」と強く思える企業になかなか巡り合えない日々が続いていました。自分が頭で作った「条件」と素直な「感情」との間になにかのミスマッチがあったのだと思いますが、その状況に自分が対処できていませんでした。

日々の業務も多忙を極め、行き詰った心境だったとき、代表の佐藤さんから面談のオファーをいただきました。
夜中の電話で、私が「求人情報はたくさんある。でもどこにも転職できる気がしない。」とぼやいたとき、佐藤さんが「ご縁がある会社というのは、ピンとくるものですよ。」と優しく言ってくださり、とても救われた気持ちになりました。
佐藤さんは、1時間以上かけて、温かい言葉で私の思いを引き出し、わたしの心の底にある、私自身も言語化できていない、本当に求めているものを探し当ててくださいました。
そしてどの転職エージェントからもご提案がなかった、異業種の案件を提案してくださいました。その瞬間、私は「ぜひ応募したいです。」を即答しました。
「ピンとくる」というのはこういうものだと初めてわかりました。

そして、選考を受け、無事に内定をいただくことができました。
その企業での就業条件は私が当初、自分が決めた「条件」のいくつかを満たしていません。でも、私が「ここで働きたい」と強く思い、「ご縁」を感じることができる企業でした。

佐藤さんに出会わなければ、私は、このような心から「ここで働きたい」と感じることができる企業と巡り合えず、「条件」に縛られて、まださまよっていたかもしれません。
佐藤さんには感謝の気持ちでいっぱいです。
これからは、佐藤さん、そしてその企業と巡り合えたことに感謝を忘れず、新しい職場で全力で働きたいと思っています。
佐藤さん、ありがとうございました。



大手クレジットカード事業会社から電子決済サービス関連会社へ転職された方から頂いたコメント

この度、新卒入社以来約20年在籍した事業会社から転職、新たなフィールドで次なるステップを踏み出しました。
佐藤さんとの出会いから実際に内定が出るまで3ヶ月の期間でしたが、面談やメールでのやりとりを通じて、「今までの経験」「軸とする価値観」「今後のキャリアで大切にしたいこと」を丁寧にヒアリング頂きました。
また、客観的な自分の市場価値を知る中、転職先企業の求めている人物像、その企業において担うミッションや役割、自分の能力が発揮できるであろうポジションにも一定納得ができ、自分なりに良い転職活動が出来たと思います。

自分をアピールして「企業に採用されるというプロセスは、私の中では新卒で就職活動をして以来だったため、当初「採用してもらう」という感覚が無意識に表れていました。
その後、先方には無いスキルと経験を自分が提供する側として「オファーを受ける・受けないの判断をする」というスタンスに変わっていき、面談の中でもフラットな会話・アティテュードで臨むことができました。
そんなきっかけを与えてくれたのは、佐藤さんとの会話やメールでのやりとりであり、特に面談に同席して頂き、その後に行われるフィードバックでした(駅のホームで別れるまでの何気ない会話が役立ちました)。

初めての転職で不安を抱える中、当初からブラしたくない自分の軸みたいなものを尊重して頂きながら、前向きな人生の節目となりました。この度は本当に有難うございました。



弁護士(68期)の方より頂いたコメント(ブティック系法律事務所→四大法律事務所)

佐藤さんとは登録していた転職サイトを通じてご連絡をいただいたことから知り合わせていただきました。

当初は積極的に転職活動していたわけではなく、今後のキャリアについてご相談という形だったもの、佐藤さんは私の経歴だけでなく、志向や今後の目標の含めて深くお話を聞いて下さいました。

その後転職活動を進める過程で、自分の志向に一番合っているには佐藤さんからご提案いただいた事務所ではないかという思いが強くなり、非常に難しいタイミングではあったものの、再度佐藤さんに連絡を取り、その事務所への応募をお願いしました。

こちらの事情もあり、面接の設定等もかなり厳しいスケジュールを申し上げたのですが、佐藤さん、また事務所側にもご尽力いただき、最終的には幸いなことに内定を頂くことができました。これも豊富な知識に基づくアドバイスや面接へのご同行等、佐藤さんのサポートによるところが大きいと思います。

転職はひとえにご縁次第というところもあると思いますが、私は本当に良縁に恵まれているなと感じております。
この度は大変お世話になり、本当にありがとうございました。



弁護士(69期)の方より頂いたコメント(中堅法律事務所→四大法律事務所)

弁護士としての業務にも慣れ始め、ふと立ち止まり、自身の今後のキャリアについて考え始めた頃、知人の紹介で佐藤さんと出会いました。

佐藤さんと初めてお会いした際に、現在の業務や自身の環境について様々な話をしていく中で、自分が本当に望んでいるものが何であるか、自然とすっきり整理されていったことが今でも強く印象に残っています。その場で私の整理に合致した魅力的な選択肢を提示してくださり、この度の転職にチャレンジする決意をしました。

アプライの後も、面接前には面接官のキャラクターも踏まえた具体的なアドバイスを下さり、実際の面接にも同行してくださいました。丁寧に事前情報をいただけたことで、面接の準備を整えることができ、佐藤さんが隣にいる安心感と合わせ、落ち着いて面接に臨むことができたことには大変感謝をしております。

この度の転職活動の中で、私が何より強く感じたのは、佐藤さんがクライアント担当者と密に連携を取り、クライアントがどのような人材を欲しているのかを的確に把握されていること、そして佐藤さん自身がクライアントから大変信頼されているということです。クライアントから信頼されているヘッドハンターが自分のサポートを行ってくれていることほど心強いことはありません。

私は、佐藤さんの親身かつ的確なアドバイスのおかげで、自分でも驚くほどスムーズな転職活動を行うことができました。おそらく、佐藤さんのサポートがなければ、そもそも転職先の事務所へアプライすることすらなかったのではないかと思います。

この度は新しい仕事にチャレンジする機会を与えていただき、また、大変心強いサポートをいただき、本当にありがとうございました。
今後とも末永く、よいお付き合いをさせていただけると大変嬉しく思います。



弁護士(65期)の方より頂いたコメント(中堅法律事務所→四大法律事務所)

佐藤さんとは、私が登録していた転職サイトを通じて出会いました。佐藤さんから連絡をもらった時点では私は特別転職をしたいと考えていたわけではありませんでしたが、なんとなくご連絡をいただいた文面等から興味を持ち面談の機会を設けていただくことにしました。

佐藤さんとの面談当日、お話する中で、自分が弁護士としてどのような活動をしたいのかということについて、大きな視点で見つめ直すことができました。

また、私が強い興味を持っている分野の一つでまだ経験ができていない分野があったのですが、私自身は、その分野について、今更未経験で迎え入れてくれる所とはないだろうと半ばあきらめていましたし、他に興味のある分野は経験できているのだからと自分を納得させていました。

しかしながら、佐藤さんはタイミングよく私が興味ある分野でのポジションでの募集があり、かつ、今回は経験は問わないという案件を紹介してくださいました。佐藤さんからは、先に述べた大きな視点という観点からも私とその法律事務所の文化はマッチすると思うとおっしゃいました。

そこで、私も、一度話を伺いたいと思い応募することにしました。面接でチームのメンバーと会ったところ、佐藤さんのおっしゃったとおり、とてもよい雰囲気で自分がチームの一員として仕事をする姿が自然とイメージできました。

佐藤さんには面接への同行をはじめ、面接までの準備事項のご教示など様々なサポートをしていただきました。佐藤さんのサポートのおかげで最終的に内定をいただくことができました。

佐藤さんは、転職者の特性(志向や哲学)を見極めた上で最適の案件を紹介してくださいます。そして、紹介だけでなく内定まで(というよりも転職後も)親身になってサポートしてくださいます。私も佐藤さんと出会っていなければ、今回の転職についてはチャレンジすらしていなかったと思います。佐藤さんには本当に感謝しています。




在中米国連ボランティア、日本大使館勤務から日系コンサルティング会社へ転職された方より頂いたコメント

数年間の海外での仕事を終え、日本に帰国してからの就職活動の際に、佐藤さんからお声をかけて頂きました。就職活動を始めたばかりの段階でお話を頂き、興味があったため、企業様との面接に進ませて頂きました。非常に興味のある事業内容だったのですが、日本での就職活動を始めたばかりだったこともあり、様々な可能性をみてみたかったので、その時に決断できずしばらく待って頂きました。

他社の選考も進めていき、自分が働いてみたいと思ったある社の選考が最終段階に入ったタイミングで、佐藤さんからご紹介いただいた企業様も選考を再度進めて頂きました。最初の面接から2ヶ月の時間が経過していたため、企業の求人状況も変わっていたのですが、佐藤さんにもご同行頂き、他のポジション提案や待遇についての面談の機会を頂き、その上で最終選考に進ませていただきました。他社は最終面接で見送りになったのですが、佐藤様からご紹介頂いた企業は、再度検討していただいた結果、当初予定していたポジションで採用していただけることになり、納得した形で日本での就職活動を終えることができました。

大手の転職サイトでは、経験や希望に合わない求人もしくは文面上でマッチした求人の紹介ばかりでしたが、佐藤さんには経験や希望にあった求人をご紹介いただいたうえ、面接への同行やアドバイス、フィードバックを頂き、最後までお力添え頂き、本当に感謝しております。
ありがとうございました。




メガバンクから日系ファンドディレクターに転身された方より頂いたコメント

歳を重ねるごとに「自分の得意分野で社会に貢献したい。」と思いが強まり、10数年来キャリアの相談に乗っていただいている佐藤さんに思い切って相談しました。

面接、条件交渉、退職願等、転職過程の要所要所で佐藤さんに相談すると、いつも的確なアドバイスをいただき、特に大きな迷いもなく驚くほどスムーズに転職することができました。

佐藤さんは、「これも何かのご縁ですね。」とさらっとお話されましたが、きっと、佐藤さんのプロフェッショナルとしてのこれまでのご経験に裏打ちされたアドバイスがあり、また、社名の通り、クライアントのニーズや人となりを十分理解し、ケミストリー(相性)の合う会社を豊富なネットワークの中から見つけ、そのキーマンと水面下で上手く交渉していただいた結果であると確信しております。

年齢的にもキャリア的にも非常に難易度の高い転職を佐藤さんのお陰で実現することができました。本当にありがとうございました。





外資系事業会社から上場企業法務部へ移られた方からのコメント

当初、大手転職エージェントを活用し転職活動をしており、多数の紹介案件を受けるものの、求めるニーズに合わない紹介が続いていた頃、別途ご縁があって佐藤さんをご紹介いただきました。

ヘッドハンターに会うのは今回が初めてで、佐藤さんと直接会うまでは正直不安を感じていました。しかしながらそれは杞憂に終わり、佐藤さんとお会いしてクライアント企業の魅力、クライアント企業の応募の背景等について詳細をご説明いただくうちに、企業が求めている事や私自身が働くイメージを持つことができ、クライアント企業でお役に立ちたいと考えるようになり、転職を前進させる決意を持てました。

クライアント企業との面接では、私自身のキャリアや懸念点等は佐藤さんより全てお話しいただいていることから、クライアント企業にも最初の面接でその点が既に正確に伝わっていました。そのため、重複するような質問等もなく、具体的な業務に関わる話等に深く入ることができたので、お互いのニーズの確認等に不必要に時間をかけることなく、クライアント企業と腹を割ってお話しすることができたと思います。

それでも、面接から内定までの過程において、クライアント企業と条件面の調整や、現職との関係で入社時期を調整する必要がある等の私個人の事情での山場がありましたが、いずれの場面においても、佐藤さんから絶妙なタイミングで、先を見た的確なアドバイス、そしてサポートを受けることができ、クリアにすることができました。

本当に夜中でも朝方でも連絡をすれば、佐藤さんの回答をすぐに得ることができ、また面接後必ずフォローの連絡をしていただき、佐藤さんの存在が非常に心強かったです。

今回の転職が無事に成功しただけでなく、良い転職であったのは間違いなく、また現職を円満に退職できたことを含めて、佐藤さんのサポートのおかげです。
本当に感謝しております。有難うございました。




外資系ファンドのヴァイスプレジデントから独立系国内ファンドのヴァイスプレジデントへ転職された方より頂いたコメント

佐藤さんには本当にお世話になりました。転職活動の際に、最初に私の希望をお伝えしたところ、そのイメージにとても良くマッチした現在の会社を含む数社を紹介されました。非常に丁寧かつ的確に私のニーズを汲んで頂き大変感謝しております。そしてその豊富なネットワークには大変驚きました。
面接にも原則同席してもらったので、事後の私へのフィードバックも大変有益でした。自分では見えない側面を指摘してもらい、豊富な経験に基づく的確なアドバイスを頂きました。それは単なる表面上のことではなく、精神面を含む本質的なアドバイスでしたので、とても助かりました。

また、佐藤さんは面接後には企業側へのフォローアップも必ず行われるため、そこで私と企業との温度差を適切に埋めていくのだと感心致しました。そのような丁寧で綿密なコミュニケーションの蓄積が、私の転職の支えになったことは間違いありません。

佐藤さんには大変お世話になりました。転職を考えておられる方のみならず、まだ考えていない方も、一度佐藤さんのお話を聞いてみることをお勧めしたいと思います。
佐藤さん、この度は本当にありがとうございました。


弁護士(58期)の方より頂いたコメント(事業会社→四大法律事務所)

企業内弁護士として今後のキャリアプランに疑問や不安を感じ始めたころに、佐藤さんより手紙を頂きました。それまでケミストリーや佐藤さんとは何らの接点もなかったのですが、手紙には、正に自分が悩んでいる点の指摘があり、その悩み解決のためのひとつの可能性が示されていました。

通常このようなダイレクトメールに返信等を行わないのですが、手紙の文面が心に引っ掛かっており、業務が落ちついた時にふっと思い立って、お会いしてみようとコンタクトをとってみました。

佐藤さんは、初めてお会いしたときから、自然と私が抱えている悩みや課題についてお話してしてしまう雰囲気を持っておられる方でした。そして私自身に関する話が一通り終わると、即座に私がとり得る選択肢につき的を絞ってご提案頂きました。

受入先へのアプライ後は、面接の度に同席して下さり、その前後でアドバイスを下さるなど、大変丁寧にご対応頂きました。また、内定を取得後も、定期的にご連絡を下さり、退職までのイロハをご教示頂くなど、次の職場での業務開始までサポート頂き、いつも大変心強く感じておりました。私自身転職は二度目ですが、ここまでご丁寧に仕事をして下さる転職エージェントの方は、なかなかいないのではないかと感じております。

さらに、佐藤さんとのお話の中で分かったのですが、佐藤さんは受入先において、新しい人材を必要とし、その企業内での社内調整を含めて本当に受け入れる体制が整わないと紹介しないということを業務の方針にされています。このことは、逆に、紹介して頂ける企業があるということは、受入先において私自身におい興味を持って頂ければ、円滑に業務を開始することができるところなのだと、不安なく面接等を進めることができました。

今回の転職に関して、佐藤さんから微にいり細にわたるサポートを頂けたこと、心より感謝しております。


日系金融機関副社長、関連会社社長から老舗企業の経営陣に加わられた方より頂いたコメント

私の場合はここにコメントを寄せている多くの方とは、転職の動機も転職先に求めるものも少々異にしています。前職の金融機関を60歳を契機に数ヶ月前に退任した後、自分の第二の人生で本当にやりたいことは何なのかを、じっくりと考え直す時間を敢えてつくりました。2ヶ月ほど経過する中で得た結論は、これまでの金融機関の中で培った経験・知識、業界での人縁を切り売りするのではなく、前職との関連、会社の規模、年収、ポスト等には拘らず、会社経営、特に人材不足等で組織マネジメントに困っている会社で、自分なりにこれまで作り上げてきた考え方、やり方がどこまで通用するのか試してみたいということでした。

そんな時に知人を通じて紹介されたのがケミストリーの佐藤さん。同時に同業の数社にも足を運んでいましたが、私のリクエストが漠としていてわかりにくいこともあり、いずれも前職と業界として関連する会社の紹介が多く、私のリクエストになかなか応えてはくれませんでした。

佐藤さんが数回の面接で、私の経歴だけからでは読み取れない経験、今後に期待していることを読み取ってもらえたかは不明ですが、結果としてご紹介頂いたのが、銀座の老舗のお店の経営陣の一角として会社の再生を手伝ってほしいという話でした。業績、経営内容等は全く問題なく、今後に向かっての組織運営体制に課題を抱えている様子で、タイミングもあったのでしょうが、第二の人生でまさに自分を試してみたい会社でした。

佐藤さんのクライアント企業からの情報収集も的確で、双方のあいまいなニーズの本質を想定しながらのマッチング作業、ならではの仕事ぶりでした。

新しい会社に入って数日してこのコメントを書いていますが、改革すべき部分と手作りの良さが同居しており、チャレンジ意欲がわいてきています。



上記の老舗企業の経営陣に加わられた方の入社後に総務部長採用のお手伝いをすることになり、採用に至った方から頂いたコメント

年度末が過ぎようとしていた矢先のお誘いでした。もう一度新しいことに挑戦していく意欲と勇気をいただいた気がします。個人的なお付き合いも含め、10数年来の中で自分の性格から、コミュニケーションの取り方や、仕事に対する姿勢に関して何も言わなくとも把握していただき、むしろそれ以上の隠れ持ったものまで見出してくださったことに安心してご指導いただきお任せすることができました。金融機関の事務部門からの新たな出発に何の不安もなく転職できました。(本来のエグゼクティブ転職のアドバイスとは違う領域にも関わらず、とても細やかに非常に丁寧にアドバイスをいただきました。)

永年勤めてきた企業ゆえに、職場のメンバーから別れを告げ退職に至るにあたり、すんなり受け入れていただけず、気持ちが揺れ動いていた際も絶妙なタイミングでお電話にてアドバイスをいただきました。あの一言がなかったら今の新しいチャレンジもできなかったと思います。まさに、そういう時に的確な助言がいただけました。

女性として、母親として走ってきた自分にとって残りの人生をもう一度見直し、自問自答し、ライフプランを見直す機会を手に入れることができたことに感謝します。また、一生涯のお付き合いをさせていただきたい方だと再度確認いたしました。

何かに迷われた際、そして違った自分を少しでも想像したことのある方がいらしたら、是非、まずは佐藤さんにご相談されるとよいと思います。それだけの度量と魅力をお持ちの方です。

佐藤さん、本当にありがとうございました。心より感謝と御礼を申し上げます。




上記の老舗企業の経営陣に加わられた方の入社後に経理部長採用のお手伝いをすることになり、採用に至った方から頂いたコメント

黙ってルーティンワークを続けていれば、会社で平和に過ごしていけたのですが、反面、創造や進歩することもなく、淀んだ水のようになって定年を迎えてしまうのか、という漠然とした不安も持ち続けていました。そのような折、会社が希望退職を募ったのを機に、50歳を前に、自分でも少々無謀と感じながらも会社を飛び出しました。

同時に人材会社にも登録したのですが、紹介されるどの案件も、文字面のマッチング作業。当然のことですが、お互いのニーズはかみ合わないものばかりでした。そんなことがしばらく続いたある日、佐藤さんから声をかけて頂きました。

初めは正直言って巷の人材会社と同じような流れだろうと、あまり期待はしていませんでした。ところが?ところが!

お会いしてお話していると、佐藤さん、本音の部分をつかむのがうまいんですね。こちらがどんな考えを持って仕事に取り組んでいるか、どんなポリシーを持った会社を希望しているかなど、「履歴書の裏面」を十分に汲み取ってもらえました。そのような理由からでしょう。応募した会社(実は今勤めている会社なのですが)が、どのような考えを持っているかを説明していただき、こちらも納得して面接に臨むことができました。

私は、仕事を選ぶ上で信用を大切にする会社を希望してきました。すでに転職をお手伝いしていただく段階で、この上なく信用を置くことができた佐藤さんに出会えたことは、とてもラッキーだったと思っています。

ケミストリーはヘッドハンティングを得意とする会社と、実は後になってから知って驚いたのですが、でも少し考えてみれば、佐藤さんだったから、ヘッドとも言えない私のような案件もまとめあげてくれたのかなぁ、と、よく理解できました。
佐藤さんありがとうございました。改めてお礼申し上げます。


日系金融機関から大手渉外法律事務所へ転職された方より頂いたコメント

日系及び外資系金融機関で長年法務を担当してきた経験をベースに、もっと仕事の幅を広げたいと思い、転職を考え始めました。しかし、自分のイメージに合うような求人はなかなか見つかりませんでした。

妥協をせざるを得ないかと考え始めた時に、ケミストリーの佐藤さんから人を介して連絡があり、内部管理体制の強化を考えている大手の法律事務所を紹介していただきました。日本の資格を有していないこともあり、法律事務所はそもそも転職先として視野に入れていませんでした。しかし、話を聞いたところ、金融機関での経験を評価してもらえましたし、また新しいことにチャレンジできる機会とも思いましたので転職することにしました。

法律事務所は組織や業務のあり方が金融機関とはかなり異なります。戸惑うことも少なくありませんが、そこが、今までの経験を活かし、また新しい経験に重ねることができる場であると感じています。

佐藤さんにお世話になって本当に良かったと思います。まず、クライアントである法律事務所のニーズを的確に把握され、それを踏まえてコンタクトして頂いたので、自分の側にも事務所の側にも”見込み違い”というものはありませんでした。また、クライアントの事情をよくご存知ですので、事務所の雰囲気や中の方々の考え方などについて貴重なアドバイスをいただけました。そして、何より有難かったのは、時間が空いてしまったときには状況を連絡して頂いたり、最終面接などの”ヤマ場”の前には一言二言かけて頂いたり、などの細やかなお気遣いでした。

今まで、何人ものヘッドハンターの方々にお会いしてきましたが、佐藤さんは友人にも自信をもってご紹介できる方です。


外資系戦略コンサルティングファームからアジアに本社をおく外資系事業会社の社長室に転職された方より頂いたコメント

事業会社への転職を検討する中で、佐藤さんをご紹介頂き、ご縁がスタートし、他では目にしなかった非常にユニークな案件をご紹介頂きました。初めての転職活動で不安も多い中、佐藤さんの迅速かつ信頼のおけるサポートのおかげで納得できる転職活動となり、心から感謝しています。佐藤さんのプロフェッショナルなサポートのうち、特に感謝している点を挙げさせていただきます。

一つ目はストレスフリーのコミュニケーションです。当たり前のようでなかなか実感することの少ない点ではないでしょうか。対応は常に迅速で、タイムロスは一切ありませんでした。また常にこちらの都合を最大限尊重してくれ、打ち合わせの時間や場所など柔軟に対応頂くことで、業務の忙しい時でも案件を前に進めることができました。こうしたロジ面だけでなく、疑問点や日ごろの何気ない会話においてもこちらの意図を汲み、適切な回答を頂くことができ、ロスのないコミュニケーションをとれるだけでなく、信頼を寄せ自身の不安点や疑問点を率直にお話しすることができたと思います。

また、クライアント企業との信頼関係が厚く、対象企業との面接時には既に一定の評価の土台ができており、面接においては本質的な議論に集中することができました。時として事前の情報が少なく、面接を基本的な項目の確認に費やしてしまうことも少なくないと思いますが、そうしたことはありませんでした。

最後に、キャリアを築いてきた一人の女性として、今後の自分自身のキャリア構築に大変参考になることも多かったというのも私としては得難いことでした。現在、女性にとってロールモデルを探すことは非常に困難であると思います。そんな中で佐藤さんと交わした女性のキャリア論は、自分独自のキャリアモデル構築においていくつかの本質的な示唆に富むものであったことは、今後の私にとっては最大の収穫であったと思います。

全く新しい環境に飛び込むことになりましたが、佐藤さんが今も、そして転職後もキャリアのアドバイザーとしていてくださることで心強く感じられています。末永いお付きあいをしたいと思えるのがケミストリー、佐藤さんではないでしょうか。今後とも末永いお付き合いができるよう私自身成長をしていきたいと思います。ありがとうございました。


日系事業会社の事業部長からアジアに本社をおく外資系事業会社の社長室長に転職された方より頂いたコメント

事業会社の事業責任者を経験し、次のステップを検討していた時に佐藤さんと初めてお会いしました。転職する決意は固めていた為、ポジションのご紹介からご縁がスタート致しました。

今回佐藤さんとご一緒できてよかったことは下記です。
①優良企業との独自コネクションを持っていらっしゃる ヘッドハンターに期待することとして一番は、どんなアレンジをして頂けるかだと思います。「似たような求人」に出くわすことも珍しくありません。佐藤さんは独自の質の高いネットワークを持っていらっしゃるので、佐藤さんにお願いしないとご紹介頂けないであろう企業をご担当されていることが魅力でした。

②本質的なサポート 私の要望や考えられる問題点を正確に把握頂き、選考企業と認識のズレがない様に常に細かいサポートをして頂きました。今回ご縁を頂いた幹部採用では、短いインタビュー時間で職務スキルから人間性、考え方の確認まで広範囲にわたる相互理解が必要だと考えています。事前のインタビューで数時間かけて細部に至るまで私のことをご理解頂き、採用企業と正確にすり合わせをして頂けたことは、この上ない安心に繋がりました。インタビューでも佐藤さんの先方からの高い信頼もあり、非常に本質的な内容の確認に集中することができました。

今回、人生でそう何度もないであろう大きなチャンスを佐藤さんのおかげで掴むことができました。次の会社の拡大過程でまたご一緒させて頂ければと思っています。



弁護士(56期)の方より頂いたコメント (大手法律事務所→外資系事業会社 法務部)

大手渉外法律事務所から外資系事業会社法務部へ転職されました。

所属事務所での将来に限界を感じて新天地を探す決意をしたものの、そもそも他法律事務所か、あるいは企業へ転身すべきか、今後の進路についてのビジョンもない状態でした。そのような右も左も全く分からない状態で途方にくれていたとき、ご縁あって佐藤さんと巡り合いました。佐藤さんには長きにわたり懇切丁寧なご支援とご助言を頂き、無事に外資系インハウスカウンセルのポジションを手にしました。二人三脚で成し遂げたこの成功に心から満足しています。

弁護士が転職を考える際の情報ツールとして、企業HP等のインターネットで検索できる公開情報や弁護士仲間からの情報等がありうるものの、一般には自力で取得できる情報は極めて限られているのが実情です。転職を希望する企業の業績や同業他社との比較といった一般的情報の把握は当然のこととして、採用担当者が最も重視する能力・経験が何か、自身の今後の抱負や性格が会社の方向性と適合しているか、採用担当者との相性がどうかといった点が特に経験弁護士の転職では非常に重要になります。

このような点を見極めるには、クライアント企業の目線から転職希望者の適性を判断して双方のニーズの橋渡しができるサーチファームのアドバイスが必須と言えます。私の転職活動はその基本方針が時間の経過とともに紆余曲折を経ましたが、佐藤さんはその間何度も面談する労を厭わず、私の希望に真摯に向き合って常に粘り強く、上記の観点を含め大変貴重なアドバイスをして下さいました。業界及び転職マーケットへの深い造詣と理想的な転職を実現するための献身的な姿勢があってこそ可能なことと思います。

そして今回の成功は佐藤さんのお人柄の素晴らしさによるところが大きかったと感じます。転職活動は精神的にも大きな負担を伴い、私も中々上手くいかずに落ち込むこともありました。それでも、佐藤さんとお会いしてアドバイスを頂くとともに自分の胸の内を語った後は不思議といつも笑顔で帰れる自分がいました。苦難を乗り越えてゴールを迎えることができたのは、メンタルアドバイザーとしても常に暖かく見守って下さった、まさに佐藤さんのご人徳によるものだと強く感じています。

今回全く新しい環境に挑戦することになりましたが、佐藤さんと二人三脚で辿り着いたこの結論に間違いはなく、またこの経験を糧に将来何があっても乗り越えられる自信がつきました。今回転職の成功だけでなく、人間的にも育てて頂きました。今後とも、自身の進路について考えるとき、逆に自身が人を採用する立場になったとき等末永くお付き合いをさせていただければ幸いです。


弁護士(57期)の方より頂いたコメント (外資系法律事務所→四大法律事務所)

外資系法律事務所から大手渉外法律事務所へ転職されました。

佐藤さんと初めてお目にかかったのは5年ほど前になります。その間、良きメンターとして、具体的な転職のお話とは関係なく親しくさせていただいてきました。そのような中で弁護士として業務を続けていくうちに、私は希望する専門分野に関わる業務をより多く扱う事務所への移籍を真剣に検討するようになりました。そのような折、佐藤さんから偶々ベストタイミングでお声をかけていただき、今回移籍することになりました。

移籍に至るまでの間、佐藤さんの誠実なお人柄のおかげで、私の悩みや疑問点を率直にぶつけさせて頂く事ができました。また、佐藤さんはそのような悩みや疑問点について常に労を厭わず、適切かつ迅速に対応してくださいました。私が納得のいく移籍ができましたのも、このように丁寧できめ細かい御助力を頂いたおかげだと思っています。

一般的に、弁護士が転職活動を行うに際しては、インハウスへの転身及び法律事務所間の移籍の双方の場面において、難しい問題に直面すると思われます。すなわち、前者の場面について言えば、弁護士は概して、弁護士業界の外に位置する一般企業に関しての情報を十分に有していないため、移籍先の候補となる企業に関する有益かつ正確な情報を入手することが難しい状況にあります。また、後者の場面について言えば、概して多くの法律事務所は一般企業と比較してその規模が小さく、外部から内部の事情を窺い知ることが難しいため、親しい友人が勤務していない限り事務所内の様子や人間関係を把握することができず、移籍先の候補となる事務所に関する有益かつ正確な情報を入手することが難しい状況にもあります。その様な状況下で、転職者である弁護士の気持ちに寄り添い、有益かつ正確な情報提供をしてくださる佐藤さんとケミストリーは、この点においても非常に心強い存在だと思います。

丁寧かつ迅速な御助力を頂き、本当に感謝しております。


弁護士(59期)の方より頂いたコメント(大手法律事務所→外資系法律事務所)

大手渉外法律事務所から外資系事業会社法務部へ転職されました。

弁護士になって4年と少々、清水の舞台から飛び降りる覚悟で(転落したとの説も。)転職することになったとき、ケミストリーの佐藤さんにお会いしました。
それから移籍が決まるまでの間、絶えずアドバイスを頂き、この度約5カ月間の転職活動期間を経て、無事に移籍することができました。

当初は「すみやかに移籍先を探す」ことにしか目が行かず、正直少々やさぐれておりましたが、佐藤さんにお話を聞いて頂き少しずつ背中を押して頂く中で、ようやく将来を考えることができるようになりました。そして今回、ただ移籍できたというだけでなく、「良い」移籍ができたと思っています。


転職や移籍をする際、悩みはつきものだと思いますが、そのとき、一人で悩まなければならないのか、適切なアドバイスを下さる方と一緒に悩めるのかで、過程も結果も大きく違ってくるものと思います。
佐藤さんは、単なる転職先の紹介だけにとどまらず、丁寧にお話しを聞いて下さいますし、客観的でありながらとても親身なアドバイスを下さいます。これは本当に貴重なことだと思います。(そして、とにかくデキル方なのです。私は、この5カ月でプロフェッショナルとしての在り方を学びました。)

佐藤さんには本当に感謝しております。これからもぜひ宜しくお願い致します。
そしてもし、今迷われている方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度ケミストリーへ。おすすめいたします。


弁護士(新61期)の方より頂いたコメント(四大法律事務所→東証1部事業会社 法務部)

大手渉外法律事務所から事業会社(東証一部上場)法務部へ転職されました。

私は、大手事務所に勤めてちょうど2年になる頃、より事業の現場に近い立場で仕事をしたいと思うようになったことから、企業への転職を決断し、その上で佐藤さんにご相談するようになりました。

はじめは、佐藤さんには転職活動のノウハウを教えてもらえればいいかなという軽い気持ちでいました。しかしながら、いざ企業に応募するようになると、自分の志向が漠然としていて進むべき方向性が分からず、能力や適性にも自信を失い、徹底的に自分自身と向き合わなければならない状況になりました。

そのような中で佐藤さんはいつもそばにいて下さり、私の漠然とした希望や不安に耳を傾け、気持ちをすっきりと整理して下さいました。このようなプロセスを数か月間繰り返すうちに、不思議と自分にあった企業とめぐり合うことができました。

振り返れば転職には、
(1)転職を決意する段階
(2)自分の志向と適性を見極める段階
(3)候補先を探し応募する段階
(4)面接を受けて自分自身の志向と適性を再確認する段階

があり、2から4を繰り返しているうちに落ち着くべきところに落ち着くように思われますが、佐藤さんには無理なく、また、納得のいく形で導かれていたように思います。
もちろん、佐藤さんは、具体的な面接や応募先との連絡についても、適時適切なアドバイスを下さり、大変心強いサポーターでした。

転職するかどうか、また転職活動をどのように進めるべきか悩んでいる方には、佐藤さんにご相談することをお薦めしたいと思います。
きっと自分に合った場所に導かれると思います。


弁護士(新61期)の方より頂いたコメント(四大法律事務所→東証1部事業会社 法務部)

「今の仕事にやや不安や不満を感じている、けれど何がしたいのか、何が自分に向いているのか分からないまま時間ばかりが過ぎていく」という方は多いのではないかと思います。

私もそのような状況に置かれている時、佐藤さんに出会いました。親身になって話を聞いて下さる佐藤さんに、自分の心情を素直にぶつけていく中で、佐藤さんの一言一言に誘導されるかのように、自分がやりたい事、自分に向いている事、自分が人生の中で大事に思っている事が次第に見えてきました。

自分の目指す道が見えてきてからは、非常にスムーズに事が進み、結果として、自分の希望通りの転職先が見つかり、大変満足しております。転職活動には多かれ少なかれストレスがつきものですが、佐藤さんはその辺りも十分に理解して下さり、精神的にも支えて下さいました。

経験に基づいた佐藤さんの言葉には重みがあり、かつ人情味があります。転職活動をしながら、精神的にも包み込まれる、それが佐藤さん、そしてケミストリーの魅力だと思います。


弁護士(57期)の方より頂いたコメント

いわゆる渉外事務所で約3年勤務した後、役所に3年出向し、弁護士として6年目を迎え中堅といわれる年次となり、今後のキャリアプランに悩んでいたちょうどその頃、佐藤さんとお会いすることができました。

そもそも役所出向前から、所属事務所の仕事は充実しているけれど相性があわないのではないか・・・と悩んでいたこともあり、また、結婚により私生活の環境も変わったことにより、出向満了のタイミングでの転職を検討していたのですが、自ら書類を提出しても通過せず、本当に行き詰まっておりました。

実質的に初めての就職活動で、かつ、初対面で極度に緊張するタイプの私に対し、佐藤さんは基本的なことから丁寧にアドバイス頂き、さらに私の性格を考慮した上で転職候補先を考えて頂きました。

一番大きかったことは、精神的に支えて頂いたことです。実は、一時はもう活動をやめようか・・・とまで挫折しかけた時期もあったのですが、私のその甘えた感情を否定することなく優しく姿勢を正して頂き、再度奮起するよう導いて頂きました。今思うと、あの時点で諦めなくてよかったと本当に感謝しています。

結果的に転職することになった先は、これまでの経験を十二分に行かせ、かつ、長期的にワークライフバランスも考慮しながら勤務できる企業で、また雰囲気も私の性格と合っていると感じています。いろいろと苦しく長かった転職活動でしたが、それも人生経験と思えるくらい、今は大満足です。

さらに今後の(女性特有の)キャリアプランについてもアドバイスして頂くなど、長期的な視点で応援していただいているのを実感します。今後も末永くご指導いただけることを心よりお願い申し上げたい気持ちです。


弁護士(55期)の方より頂いたコメント(中堅法律事務所→四大法律事務所)

運が良いのか悪いのか、1年ほどの間に外資系から国内中規模事務所、そして国内大手事務所へと職場を転々としましたが、1度目の転職のときに、既に失敗したのではないだろうかと危惧していたときにお声かけ頂いたのがケミストリーの佐藤さんでした。

佐藤さんには、更なる転職先だけではなく、その時点での職場での仕事に役立つことはないかと、折に触れご連絡をいただき、お話させていただきました。そして、ご自身の経験をお話し頂いたり、移籍先となった現在の職場ととてもうまく架け橋となって頂いたこともあり、非常にスムースに現在の職場への移籍を果たすことができました。
きめ細かいお気遣いや心配りがケミストリーの魅力ではないかと思います。


弁護士(54期)の方より頂いたコメント(中堅法律事務所→中堅法律事務所パートナー)

佐藤さんと初めてお目にかかったのは、5年前でした。以来、年に数回のペースでお会いしていましたが、今から1年半くらい前に、今回、移籍することになった法律事務所をご紹介いただきました。
佐藤さんは、その事務所の中心的存在の一人である弁護士と、私の波長が合うと思うから、お薦めしますと、にこやかに、きっぱりと説明して下さいました。
実際に面接に伺ってみると、なるほどそのとおりで、この数年間のお付き合いの中で、佐藤さんに、私という人間を的確に把握されていたんだなあと、驚きつつもうれしい瞬間でした。

実際に現在の事務所を離れるには、さまざまな事情を考慮する必要があり、今回の移籍まで1年半かかったのですが、その間、佐藤さんの「お薦めします」というきっぱりとした言葉が頭から消えることはありませんでした。弁護士の仕事は人的要素が極めて大きいにもかかわらず、移籍先の情報を入手することは、実は容易ではありません。
訴訟や案件の相手方だったとか、信頼できる友人は所属しているとかいった例外的事情でもない限り、数時間の面接等で、判断せざるを得ないことになります。このように特殊な業界ですから、佐藤さんのようなパイプ役は、必要不可欠な存在なのだと思います。5年間のお付き合いを通じて、佐藤さんから頂いたアドバイスは、私の宝物です。

弁護士(60期)の方より頂いたコメント(中堅法律事務所→四大法律事務所)

自分の洞察力の無さではありますが、自分が思い描いていた職場と実際に入所した事務所とがあまりにかけ離れており、このままでは十分な成長が望めないのではないか、このまま埋没していってしまうのではないか等、不安にさいなまれていた時に声をかけて下さったのが佐藤さんでした。

初めてお会いしてから実際に移籍を決断するまで5か月程ありましたが、その間、佐藤さんには、一方で、私の稚拙な疑問、不安について、逐次丁寧に対応していただき、他方で、私が今後のキャリアを積んでいく上で最適と思われる事務所をご紹介いただきました。いよいよ移籍するか否かの決断を迫られ、少なからずの焦りを感じていた際も、絶妙のタイミングでお声をかけて下さいました。

私は今、新しい職場で積み上げていくキャリアに思いを馳せております。他方、新しい職場では数多くの困難が待ち構えていることも想像しております。しかし、移籍するにあたり、佐藤さんと共に悩み、自分にとって仕事とは何か、真剣に考えた経験があるからこそ、これらの困難が待ち構えていようとも、いな、これらの困難が待ち構えているからこそ、今回の決断が正しかったと確信しています。


企業投資ファンドのディレクターの方から頂いたコメント

「このまま留まってパートナーを目指すべきか?それとも、仕事の幅を広げるために新たなチャレンジをすべきか?」戦略コンサルティング会社のマネージャーとして、日々クライアント企業の抱える課題と格闘しながら、こんなことを考えていました。そんな時にお会いしたのがケミストリーの佐藤さんでした。
それから、1年半。今では、佐藤さんとは、単なるヘッドハンターとそのサーチ対象を超えて、良きビジネスパートナーとしてお付き合いさせていただいております。新しいポジションの仕事内容、働く仲間たち、そして、報酬などのさまざまな条件。それらと並んで、私にとっては、そのポジションを勧めるヘッドハンターが信頼できるか、が転職するかどうかを左右する重要な判断基準でした。
そして、今、私は新たな職場で、更なる成長を目指してチャレンジをしています。人生、そしてビジネスはまさに山あり谷あり。順風満帆な時もあれば、困難な課題にぶつかることもあるでしょう。誰も将来を完全に予測することはできません。しかし、私は確信しています。私が佐藤さんと一緒に決断したことは正しかったと。